駿河屋宣言

惣菜部門

美味しさだけではない体が求める優しいお惣菜

「食べて美味しい」はもちろん、添加物などを極力抑えて、体にも優しい惣菜づくりを目指しています。ついつい手が伸びる、「もう一つ食べてしまう」といったお惣菜は、美味しさだけではない体が求める優しいお惣菜です。

駿河屋BRAND

揚物(天ぷら・フライ)

旬の素材、料理に合わせた、良質の食材を使っています。素材に合わせて衣を変えています。鶏の唐揚げ用の衣も駿河屋オリジナルで、「冷めても美味しい」を実現しました。自社でブレンドした、こだわり・上質のオリジナル油を使用しています。

いも天

守り受け継がれる秘伝のレシピ。サクサクとした香ばしい衣の中に、時期によって、一番いも天に合う芋を厳選(産地や品種を変えながら)し、年間を通して提供しています。

ゴボウ天

ゴボウ天

ゴボウの香りを損なわない衣で、サクッと揚げる。こちらもレシピは門外不出。

丸棒ひれかつ

丸棒ひれかつ

大きなカツでも中までジューシーに揚げることができる必殺の空中揚げ。経験と確かな技術で大きなカツをジューシーに揚げる事ができる。また、筋切りなどの工程をすべて手作業で行うことで、肉を柔らかくする薬品の使用や肉のボリュームを出す加水などを一切行わない「真面目な一品」。

木曾美水鶏唐揚げ

木曾美水鶏唐揚げ

当社精肉部一押しの銘柄とりを使用したから揚げ。肉のうまみを最大限に活かせるオリジナルの味付けと、ジューシーさを逃さないオリジナルの衣で作りました。家庭では揚げにくい大きなカットでジューシーにサックリと仕上げています。

白エビから揚げ

白エビから揚げ

新湊・四方で水揚げされた新鮮な白エビを、契約工場にて急速冷凍し、から揚げ用に製造しています。春の時期しか獲れないない季節限定の一品。

手作り惣菜

手作り惣菜

すべて自社工場で作ったタレと素材を使い、出来立てをお客様に提供する惣菜。既製品やメーカー品が多くなった売り場の中で、より飛騨の地に合った味付けを試行錯誤しながら作っています。